イケメン飼育セットの漫画あらすじ

最近話題になっているイケメン飼育キット。
それを使うと自分好みのイケメンを育てることができると若い女性に人気を集めていた。

20歳でOLをしている加奈子は、そんなイケメン飼育キットに興味を持ってはいたが購入までする気はなかった。
しかし、隣人のショップ店員の愛子の育てたイケメン彼氏を見て、自分もイケメン飼育キットを購入する決意をした。
隣人の部屋から聞こえてくるベッドの軋む音、愛子の気持ち良さそうな喘ぎ声……
彼氏のいない加奈子につらい日々だった。

しかし、イケメン飼育キットを購入したから大丈夫。
これで彼氏のいない寂しい生活とのおさらば……
その日加奈子はそう思っていた。

しかし、もともとズボラな性格をしていた加奈子。
さらに酒癖も悪くイケメン飼育キットの管理も影響が出ていた。
きちんと水をやらなかったり、水の代わりにお酒やオ●ニーの時に潮噴きを浴びせてしまう始末
きちんと管理されなかったイケメン飼育キットの苗は悪い方向へと進んでいった。

日に日に育っていくイケメンの苗が、どこかおかしいように見える。
苗から見えるボディーラインは太っているようにだらしがないし、つぼみのような顔もしわくしゃになっている。

失敗したかもしれない……
そう考えて苗を捨てようとしたが、イケメン飼育キットの苗を処分するのは犯罪行為だと今になって知る。
この苗は最後まで自分が面倒を見るしかないのだ。

いまからなら、まだなんとか間に合うかもしれない。
そう考えて、水やりをきちんと始めた加奈子だったが、すでに苗は手遅れの状態になっていた。
結局イケメンではなく醜悪なオヤジが育ってしまった。

悲鳴を上げてオヤジから逃げようとする加奈子。
しかし、加奈子を捕まえて拘束し、やりたい放題犯してしまうオヤジ…
加奈子のオ●ニーで育った苗だから、エッチすることしか頭にない。
こうして苗から育った変態オヤジは、可愛い育ての女の子をレイプし、自分のものにしていくのだった。
この後、どんどん変態行為がエスカレートしていくでしょう。